会費婚の口コミ集めてみた

結婚式と披露宴を安く挙げたい!敷居の高い結婚式は嫌!持ち込みもしたい!1.5次会的な感じがいい!…なら会費婚おすすめ~な理由

会費婚のメリット・デメリットって何?

投稿日:

 

『会費婚』が気になるけれど、本当にいいのかな?

メリットだけでなくデメリットも知りたい!

 

というあなた。

『会費婚』のメリット・デメリットを調べてみました!

 



会費婚メリット・デメリットの前に・・・

 

『会費婚』のメリット、デメリットの前に、これを調べている方の中に、「そもそも会費婚とは?」という疑問も持っている人もいると思います。

そのために「メリット・デメリット」を調べている人もいると思うので、ちょっとばかり軽く『会費婚とは?』の説明をしておこうかなと思います。

 

もう、『会費婚』について調べて知っているよ!というなら、ここは読み飛ばしてくれて大丈夫です。

 

他の記事でも少し説明していますが、

『会費婚』ってどんなイメージ持っていますか?

 

私のイメージは、初め・・・

 

会費ってことは二次会的な?パーティみたいな感じかな?

 

でした。

あなたはどうでしょう?

私のイメージと近い感じの方、多いと思います。

 

ですが、

この認識は間違い!なのですよ。

 

じゃ、1.5次会的な感じ?

 

これはある意味正解で、ある意味ハズレです。

 

まさか、ちゃんとした結婚式までは出来ないでしょ?

 

これが、結構意外だと思いますが、出来ちゃうんですよ!

チャペル付きの『会費婚』もあります。

ちゃんと、普通の結婚式並みな事が出来ちゃうんです!

 

もちろん、

1.5次会的な感じにも出来ます。

 

「会費制」だから、普通の結婚式並みは無理と思いがちですが、この『会費婚』は、その常識を覆した形なんですね。

でも、どちらかというと、カジュアルな結婚式が得意分野な感じです。

とはいえ、それでもちゃんとした結婚式のクオリティは維持していますから、それでいて安いなら、デメリットないんじゃないの??と、思ってしまいますが、デメリットも、もちろんあります。

 

このデメリットが許容範囲内なら、余裕で『会費婚』が普通の結婚式よりお得でおすすめです。

今回の「メリット・デメリット」を読んでもらえば、その意味が解ると思います。

では、お待たせしました。

『会費婚』の「メリット・デメリット」を紹介しますね。

 

 


 

『会費婚』のメリット・デメリットとは?

 

『会費婚』が、結構普通の結婚式並みってことは解ったと思うので、早速「メリット・デメリット」を見ていってみましょう!

まずは、メリットから・・・

 

『会費婚』のメリット

会費婚は普通の結婚式よりも安い!

『会費婚』のメリットで断トツ1位は、やっぱり「安さ」でしょ♪

 

これは別の記事にも書いていますが、

 

とある統計で、国内挙式の平均総額は約380万弱でした。

そして自己負担額の平均が約140万ぐらいでした。

 

それが、会費婚だと、平均総額が約180万ほどで、

そして自己負担額の平均が約25万ほどでした。

 

これから解るように、会費婚だと普通の結婚式の半額以下?!

かなりお安く結婚式を挙げられるのが、最大の魅力でしょう♪

 

会費婚ならではのオリジナルやアットホームな結婚式ができる!

普通の結婚式だと結構持ち込み料1品に付き幾らというのが多いです。

会費婚の特徴として、「持ち込み料0円」という所が多いです。

なので、装飾など好きにできたり、自分達らしい結婚式を挙げられるのが『会費婚』の魅力の一つでしょう。

 

カジュアルな結婚式だったり、ゲストとの距離が近いアットホームな結婚式が得意分野です。

形式ばらなくてもいいというのも特徴のひとつなので、自分達のオリジナルな結婚式を挙げられるのも魅力ですね♪

 

会費婚なら引き出物は不要?!

これも会費婚ならではの特徴ですね。

 

会費婚では、引き出物ではなく「プチギフト」で500円以内のモノを送る方が多いです。

300円ぐらいのモノを帰りに「プチギフト」として渡している人が多いですね。

 

ご祝儀のように3万~を貰ったり、形式ばった結婚式ではないので、会費制で形式ばっていないからこそできる形ですね。

この部分も安く挙げられる要因であると思います♪

 

会費婚だから子供参加も楽しめる♪

これもまた、会費婚の最大の魅力でしょう。

 

形式ばった普通の結婚式でない分、子供の参加が気軽にしやすいというか、しやすくする結婚式の形を自分達で作れるというところですね。

普通の結婚式の場合、やはり子供参加する時は気を使いますが、子供も楽しめるようにオリジナルの結婚式を挙げられたりできるのが魅力です♪

 

子供の参加が多いとか、自分達が子持ちだったりとか、そういった場合でも気兼ねせず結婚式ができるのが会費婚です。

 

会費婚でも意外と普通の結婚式並み!

最初に「会費婚とは?」で説明しましたが、意外と普通の結婚式並みに挙げられるのも、それでいて、安いというのも魅力です!

 

私がおすすめしている「アールキューブの会費婚」だと、40万相当のウェディングドレスがパック内で借りられたりします。

しかも結構可愛いのが揃っていて、口コミも好評です♪

 

小物類もちゃんとしたクオリティを保てているし、装飾の花も種類が豊富だったり、普通の結婚式並みにテーブルに一人スタッフ付けたりなんてことも出来ます。

また料理も美味しい所も多く、和風も洋風も選べるし、宴内人前式だけではなく、チャペルの付いた場所もあり、ほぼ普通の結婚式に近い感じで結婚式を挙げる事も可能。

『会費婚』だからクオリティが低い、何てことは全くありません。

 

それでいて予算は少なく済み、結婚式を諦めていた人も「会費婚」ならできる可能性が高くなる!というのも魅力ですね♪

 

ここまで見てもらっても解るように、『会費婚』は、かなりお得で結婚式を挙げられます。
予算がなくて「結婚式」を諦めていた人のためにと、「新しい結婚」の形として作られたのが「会費婚」です。
なので、安く、それでいてクオリティを保ち、ちゃんとした結婚式を挙げられる。
今、予算がないなら「会費婚」は候補に入れることおすすめします。

 

 

『会費婚』デメリットは?

メリット見ていくと、もうデメリットないのでは?!

と思ってしまいますがw

もちろんデメリットもあります。

今度はデメリットを紹介しますね。

 

会費婚の会場では親族の控室がない?!

どこかの会場や、ホテルなどを借りる場合が多く、「親族控室」がないパターンが多いのも「会費婚」の特徴です。

とはいえ、そんなの余り気にならないよ、というなら問題ないですが、親戚がうるさい!という感じなら、先に「親族控室がないよ!」と伝えるなり、何か対策しておく方がいいですね。

 

会費婚は年寄り多いと向かない?

これはどういう事かというと、年寄りの方たちは「形式」にこだわる方が多いです。

 

「は?祝儀じゃなく会費?」

「ちゃんとした式を挙げた方がいい」

 

などと、文句を言う方も多いです。

まぁ、普通の結婚式並みなんですが、「形式」にこだわりがちな年寄りは厄介です^^;

なので、そういう方が親族に多い場合は、この「会費婚」は向かないかもしれません。

 

ゴージャス感は出しにくい

会費婚はカジュアルが得意なだけに、ゴージャスな感じには向かないですね。

盛大な豪華な結婚式の場合は、やはり、結婚式場での(普通の)結婚式が得意分野とするところです。

見栄を張りたい!という人には、あまり「会費婚」はおすすめできないかもしれません。

 

もともとカジュアルな感じがいい!アットホームな結婚式がしたい!という方なら問題ないですね。
あと、親戚がそこまで「形式」にうるさくないなら問題ないでしょう。

このデメリットがあなたの許容範囲内なら「会費婚」で別に大丈夫と思います。

 

 

会費婚メリット・デメリットのまとめ

結局、会費婚は「料理・飲み物・プチギフト」を会費としてもらうという形です。

普通の結婚式だとご祝儀を貰いますが、結局、ちゃんとした結婚式会場だと、それなりの料金が掛かりますし、引き出物もそれなりのモノ出さないと行けなくなります。

また、会費婚でも普通の結婚式でも「お車代・宿泊代」は掛かってきますし、自己負担分はどちらにしても、それなりに必要になってきます。

 

それでも、「会費婚」の方がかなり安く済む。

全体の総額費用が普通の結婚式より安いからという事ですね。

 

あとは、形式にこだわるか、親戚がうるさくないか、そこに掛かってくるかなぁ~という感じです。

 

それ以外、特にデメリットを感じません。

調べてみても『会費婚』に不満を持った人は、あまり見つからなかったし、満足度が高いのにも、調べれば調べるほど納得な感じです。

また『会費婚』のパック内容も充実しているので、その内容確認したい方は、下記の公式サイトをご覧ください

自分の目で確かめるのが一番です♪

 


 

 

 

 

-会費婚
-, , , , , ,

Copyright© 会費婚の口コミ集めてみた , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.